公式サイトFacebookTwitter

埋葬されていた衣服を紐といたとき、

画家と写真家の人生が交差し、

再生への旅が始まる


東田シネマvol.36は、映画 『 フリーダ カーロの遺品 石内都、織るように 』を上映します。

11/24(金) 10:30/13:00/15:30/18:00
11/25(土) 10:30/13:00/15:30/18:00
11/26(日) 10:30/13:00/15:30/18:00

*午前中10:30上映の際の、開場は、10:00です。
予約一般1000円/当日一般1200円
大学・高校生500円/シニア(60歳以上)1000円
障害者手帳をお持ちの方は、1000円です。
ご予約はこちら!会場お問合せ

そして、北方シネマへ!
この作品は、12/01(金)18:30より北方シネマで上映されます!会場は、小倉南区北方の北九州市立大学北方キャンパス、本館A101です。北九州モノレール:競馬場前駅のそばです。

原色のメキシコ

時代を越え、接点する。

ブルーハウスでの、

50年の約束。

死後50年を経て姿を現したフリーダ・カーロの遺品。写真家・石内都のまなざしは、画家であった“ひとりの女性”の姿を写しだす。

 時空を超えて2人の女性が交差する、「記録」と「記憶」を巡るドキュメンタリー。メキシコを代表する女性画家、フリーダ・カーロ。シュルレアリズムの作家としてヨーロッパでも評価されただけでなく、身体の不自由やメキシコ近代化の荒波に翻弄されつつも、ひとりの女性として力強く生きたその人生は、現在でも世界中の人々の共感を呼んでいる。

 2004年。死後50年を経て、彼女の遺品が封印を解かれた。2012年、メキシコ人のキュレーターの発案によりその遺品を撮影するプロジェクトが立ち上がり、依頼を受けたのが世界的な写真家・石内都。メキシコシティにあるフリーダ・カーロ博物館《青の家》を訪れた石内の前に、フリーダのアイデンティティを支えた伝統衣装やアクセサリー、絶え間ない身体の痛みを想起させるコルセットや医薬品等、膨大な数の遺品が一つ一つ並べられていく。それは喜びや誇りとともに様々な“痛み”を抱えながらフリーダが生きていた証であると同時に、彼女の記憶をも内包しているようだった。生きることそのものを描き続けた画家、フリーダ・カーロ。彼女の遺品を見つめ、撮影した石内都の写真には何が写ったのだろうか。

 本作では、石内都の3週間に渡る撮影過程に密着取材。写真家が遺品を見つめ、これまでのイメージから解き放つようなフリーダ・カーロ像を、写真として発見していく過程を丹念に映像に収めた。監督は『ドキュメンタリー映画 100万回生きたねこ』で、国内外で高く評価された小谷忠典。石内都の創作過程を追いながら、遺品の背後に広がる、メキシコの風土、引き継がれる伝統、現在を生きる女性たちの姿をも捉えた。フリーダ・カーロが生きていた証とそれらを写し取った写真が、時間と場所を越えて旅をする、“記録と記憶”を巡るドキュメンタリーがここに誕生する。

公式サイトより

スタッフ紹介

出演:石内都
監督:小谷忠典

プロデューサー:大澤一生
コ・プロデューサー:植山英美
アソシエイトプロデューサー:光成菜穂
撮影:小谷忠典
編集:秦岳志
録音:藤野和幸 磯部鉄平
整音:小川武
音楽:磯端伸一
撮影助手:伊藤華織
制作:眞鍋弥生
配給:ノンデライコ

2015/日本/ドキュメンタリー/89分

公式サイト

私たちが浴びた

その粉のなかには

木を枯らす

何かが入っていました

第26回 国際環境映画祭・審査員特別賞受賞
第17回 Earth Vision 地球環境映像祭・環境映像部門入賞
第63回 毎日映画コンクール・ドキュメンタリー映画賞受賞

東田シネマvol.35は、映画 『 花はどこへいった 』を上映します。

10/27(金) 10:30/13:00/15:30/18:00
10/28(土) 10:30/13:00/15:30/18:00
10/29(日) 10:30/13:00/15:30/18:00

*午前中10:30上映の際の、開場は、10:00です。

予約一般1000円/当日一般1200円
大学・高校生500円/シニア(60歳以上)1000円
障害者手帳をお持ちの方は、1000円です。
ご予約はこちら!会場お問合せ

 
そして、北方シネマへ!
この作品は、11/10(金)18:30より北方シネマで上映されます!会場は、小倉南区北方の北九州市立大学北方キャンパス、本館A101です。北九州モノレール:競馬場前駅のそばです。

原因は枯葉剤なのか

私はベトナムへ向かった


 フォト・ジャーナリストだったグレッグ・デイビスが肝臓がんで亡くなったのは、彼が入院してわずか2週間後のことだった。妻である坂田雅子に喪失感とともに沸き起こったのは、「なぜこんなにも突然に亡くならなければならなかったのか」という疑問。米軍兵士としてベトナム戦争に送られた過去をもつ夫・グレッグの死について、友人から当時浴びた枯葉剤が原因ではないかと示唆された彼女は、夫への追憶と枯葉剤への疑問からベトナムへ行くことを決意する。

 10代でベトナム戦争に送られたグレッグは、帰国後、祖国を捨て、日本でフォト・ジャーナリストとして活動を開始する。戦争の加害者であると同時に被害者ともなり、深く傷ついた心と体を癒すようにベトナムを幾度も訪問していた。彼女は、グレッグが所属していた米軍基地があるロンタンを皮切りに、ベトナム各地を訪れる。

 彼女がベトナムで目にしたのは、ダイオキシンを含む枯葉剤が、ベトナムの人びとと大地を蝕み続けている現実だった。戦後30年を経て、なお世代を越えて、重い障害をもった子どもたちが生まれていたのだ。

 ベトナムの主要な産婦人科病院であるホーチミン市の“ツーズー病院”の一角に設けられた“平和村”では、100人以上の障害をもった子どもたちが生活し、アメリカ人の元兵士の提案によってハノイ郊外に建てられた “フレンドシップ・ヴィレッジ”では、枯葉剤の被害者である多くの子どもたちが共同生活を送っていた。

 一方、地方の村には、不自由な生活を強いられる、生まれながらの障害を負った子供たちとその家族たちがいた。彼らに、治療、リハビリといった医療を受ける余裕はなかった。たいへんな貧困と困難の中にありながら愛情と深い絆によって結ばれた被害者とその家族たち。

 これらの出会いの中から、彼女はこれからを生き続ける力を与えられ、グレッグが彼の仕事を通じて伝えようとしていた、反戦や平和への意思にあらためて気づかされるのだった。

製作・監督・撮影・編集:坂田雅子
共同製作:ビル・メガロス / 山上徹二郎
音楽:難波正司
撮影協力:フィリップ・ジョーンズ=グリフィス(MAGNUM PHOTOS)
編集協力:ジャン・ユンカーマン / リサーチャー エドワード・エンゲル
翻訳:ブー・ゴック・アン / ブー・クーン
ベトナム語監修:川口健一
日本語字幕:赤松立太(Passo Passo)
製作・配給・宣伝:シグロ

2007年/71分/ドキュメンタリー/カラー



Sketches of Myahk 公式サイトFacebookTwitter

歌うことは、神とひとつになること。

生きる願いは声となり、神へ届く。

魂のありか、ミャーク(宮古島)への旅。

東田シネマvol.34は、映画 『 スケッチ・オブ・ミャーク 』を上映します。

09/22(金) 10:30/13:00/15:30/18:00
09/23(土) 10:30/13:00/15:30/18:00
09/24(日) 10:30/13:00/15:30/18:00

*午前中10:30上映の際の、開場は、10:00です。

予約一般1000円/当日一般1200円
大学・高校生500円/シニア(60歳以上)1000円
障害者手帳をお持ちの方は、1000円です。
ご予約はこちら!会場お問合せ

そして、北方シネマへ!
この作品は、10/6(金)18:30より北方シネマで上映されます!会場は、小倉南区北方の北九州市立大学北方キャンパス、本館A101です。北九州モノレール:競馬場前駅のそばです。

魂が激しくゆさぶられる時、

古代の響きが鮮やかに蘇る

沖縄県宮古諸島。ここに沖縄民謡と異なる知られざる唄がある。それは、厳しい島での暮らしや神への信仰などから生まれた「アーグ」と「神歌」だ。その唄は宮古諸島に点在する集落の中でひっそりと歌い継がれてきた。特に御嶽での神事で歌われる「神歌」は、やむことのない畏敬の念をもって、数世紀に渡り口承で熱心に伝えられたものである。ことは音楽家の久保田麻琴が、島でそれら貴重な唄に出会ったことに始まる。本作は、その唄を生んだ人々の暮らしを追うなかで、失われようとしている根源的な自然への怖れと生きることへの希望を見出したドキュメンタリーだ。監督の大西功一は、秘められた島の神事を追い、生活と信仰と唄がひとつだった時代を記憶する最後の世代である老人達を温かく見守りながら、かつての島の暮らしをスクリーンに鮮やかに浮かび上がらせた。

老婆達が神唄を歌う時、不思議な懐かしさがすべての人々の心を打つ

ミャークには、今まさに失われようとしている大切な「記憶」がある。老婆達は語る。かつて厳しい生活と信仰と唄が切っても切り離せないひとつの時代があったことを。そして今も老婆達の心を映すかのように、この島の御嶽では、神事の火が数百年に渡り人から人へと受け継がれ、神女達が生きる願いとともに「神歌」を神に捧げている・・・。2009年、九十歳を超えた車椅子の老婆達が島を出て東京へと渡る。コンサートホールの舞台に立ち、禁断の神歌を歌うために。満場の観客を前に彼女らは力を振り絞り、歌う…。ミャークの老婆達が歌い継ぐ神歌に触れられた貴重な機会は、おそらくこれが最初で最後となるであろう…

沖縄宮古島

東京から南西に2040km、沖縄本島から南西に310km、台北から380kmのところに位置する人口およそ5万5千人の島。霊場である御嶽での神事は、島外の者には容易く触れることのできない神聖な行いとされてきた。また、薩摩支配下の琉球王府によって1637年から1903年まで課せられた「人頭税」のため、人々は塗炭の苦しみを味わったとされる。

 2011年8月、第64回ロカルノ国際映画祭、批評家週間部門に歴代初の日本映画として正式出品。 世界から選出されたドキュメンタリーの秀作が並ぶなか、上映後、もっとも熱い拍手と喝采の声を受け、グランプリに次ぐ「批評家週間賞 審査員スペシャルメンション2011」の栄誉を受けた。第17回函館港イルミナシオン映画祭2011正式招待作品。

公式サイトより

監督・製作・撮影・録音・編集: 大西功一
原案・監修・整音: 久保田麻琴
デザイン: 有山達也 / 岩渕恵子
宣伝協力: 鎌田雄介 / 天久雅人 / 穐場慶吾 / サラーム海上

キャスト:久保田麻琴 / 長崎トヨ / 高良マツ / 村山キヨ / 盛島宏 / 友利サダ / 本村キミ
 / ハーニーズ佐良浜 / 浜川春子 / 譜久島雄太 / 宮国ヒデ / 狩俣ヒデ / 嵩原清他

配給:太秦株式会社
後援:沖縄県 / 宮古島市 / 宮古島市教育委員会 / エフエム沖縄 / 沖縄タイムス社 / 沖縄テレビ放送 / 宮古新報 / 宮古テレビ / 宮古毎日新聞社 / ラジオ沖縄 / 琉球朝日放送 / 琉球新報社 / 琉球放送
特別協賛:特定非営利活動法人 美ぎ島宮古島 / 日本トランスオーシャン航空株式会社 / 有限会社宮古ビル管理(順不同)
宣伝協力:鎌田雄介 / 天久雅人 / 穐場慶吾 / サラーム海上 

2011年/日本/カラー/HD/ステレオ/104分

facebook

Powered by Blogger.