公式サイト
FacebookTwitter

躍動する能楽師の、果てしなき冒険の旅。

東田シネマvol.37は、映画 『 躍る旅人 能楽師・津村禮次郎の肖像 』を上映します。

12/15(金) 10:30/13:00/15:30/18:00
12/16(土) 10:30/13:00/15:30/18:00
12/17(日) 10:30/13:00/15:30/18:00
*午前中10:30上映の際の、開場は、10:00です。

予約一般1000円/当日一般1200円
大学・高校生500円/シニア(60歳以上)1000円
障害者手帳をお持ちの方は、1000円です。
ご予約はこちら!会場お問合せ

そして、北方シネマへ!
この作品は、2018/01/05(金)18:30より北方シネマで上映されます!会場は、小倉南区北方の北九州市立大学北方キャンパス、本館A101です。北九州モノレール:競馬場前駅のそばです。

70歳を超えてなお、

古典能だけではなく、新たな表現を求めて

異なる文化・人種・世代を軽やかに大胆に踏み越えていく

能楽師・津村禮次郎。


 日本に600年以上も伝わる伝統芸能「能」。このドキュメンタリー映画は能楽師・津村禮次郎(つむら・れいじろう)が、バレエやパントマイム、バリ舞踊など様々なジャンルのアーティストとのコラボレーションを通じて、身体表現の可能性を大きく広げていく姿を5年に渡る長期取材と構成によって完成した作品である。

 70歳を迎えた能楽師・津村禮次郎。古希を祝う記念能が国立能楽堂で行なわれた。これをひとつの通過点とし、今後の更なる跳躍へと胸を躍らせる津村。バレエ、コンテンポラリーダンス、パントマイム、異境の芸能…、津村禮次郎は未知の世界に自分を投げ出した時、そこから何が自分の中から出てくるのか、という冒険を続けている。彼が初めて能に触れたのは19歳の時である。当時女流能楽師のパイオニア・津村紀三子の芸に強く惹かれ内弟子となり、以後、ひたすら古典能の研鑽に没頭し、40歳を過ぎたあたりから、精力的に独自の創作活動を行うようになった。様々なコラボレーションで発揮する津村の豊潤で力強い身体表現は、能という芸能に対する、長い間の厳しい修行と鍛錬に裏打ちされたものである。

 津村の飽くなき創造へのチャレンジ、異なる表現への好奇心。そして、その場を共有する人達とのしなやかなやり取りは、表現に関わる人間だけではなく、今の時代、異なる文化、人種、宗教を持つ人同士がとるべきコミュニケーションのあり方にも大きな示唆を与えてくれるであろう。

公式サイトより

スタッフ
監督・撮影・編集:三宅流
出演:津村禮次郎、小㞍健太、酒井はな、森山開次、平原慎太郎、小野寺修二、Ni Wayan Sekariani ほか
音楽:石田匡志
整音:種子田郷
撮影協力:与那覇政之
編集助手・予告編:上原拓治
タイトル・クレジットデザイン:成瀬慧
制作助手・英語字幕:細谷由依子
写真提供:森田拾史郎、桜沢哲夫
宣伝美術:成瀬慧
協力:緑泉会 スタジオ・アーキタンツ オフィス・ルウ カンパニー・デラシネラ 
佐渡観光協会 小金井薪能実行委員会 一橋観世会 セルリアンタワー・能楽堂 
国立能楽堂 喜多六平太記念能楽堂 せんだい演劇工房10-BOX 高橋泰裕 
利尻麒麟獅子舞保存会 小池博史ブリッジプロジェクト 熊野本宮大社 
熊野鬼城太鼓 古澤巌 石田一志 ふじたあさや
プロデューサー:加瀬修一、田村昌裕
製作:究竟フィルム KUKKYO FILMS、contrail、株式会社アースゲート
助成:文化庁文化芸術振興費補助金
配給:究竟フィルム KUKKYO FILMS 配給協力・宣伝:contrail

HD/110分/カラー/2015年/日本 ©究竟フィルム KUKKYO FILMS


公式サイトFacebookTwitter

埋葬されていた衣服を紐といたとき、

画家と写真家の人生が交差し、

再生への旅が始まる


東田シネマvol.36は、映画 『 フリーダ カーロの遺品 石内都、織るように 』を上映します。

11/24(金) 10:30/13:00/15:30/18:00
11/25(土) 10:30/13:00/15:30/18:00
11/26(日) 10:30/13:00/15:30/18:00

*午前中10:30上映の際の、開場は、10:00です。
予約一般1000円/当日一般1200円
大学・高校生500円/シニア(60歳以上)1000円
障害者手帳をお持ちの方は、1000円です。
ご予約はこちら!会場お問合せ

そして、北方シネマへ!
この作品は、12/01(金)18:30より北方シネマで上映されます!会場は、小倉南区北方の北九州市立大学北方キャンパス、本館A101です。北九州モノレール:競馬場前駅のそばです。

原色のメキシコ

時代を越え、接点する。

ブルーハウスでの、

50年の約束。

死後50年を経て姿を現したフリーダ・カーロの遺品。写真家・石内都のまなざしは、画家であった“ひとりの女性”の姿を写しだす。

 時空を超えて2人の女性が交差する、「記録」と「記憶」を巡るドキュメンタリー。メキシコを代表する女性画家、フリーダ・カーロ。シュルレアリズムの作家としてヨーロッパでも評価されただけでなく、身体の不自由やメキシコ近代化の荒波に翻弄されつつも、ひとりの女性として力強く生きたその人生は、現在でも世界中の人々の共感を呼んでいる。

 2004年。死後50年を経て、彼女の遺品が封印を解かれた。2012年、メキシコ人のキュレーターの発案によりその遺品を撮影するプロジェクトが立ち上がり、依頼を受けたのが世界的な写真家・石内都。メキシコシティにあるフリーダ・カーロ博物館《青の家》を訪れた石内の前に、フリーダのアイデンティティを支えた伝統衣装やアクセサリー、絶え間ない身体の痛みを想起させるコルセットや医薬品等、膨大な数の遺品が一つ一つ並べられていく。それは喜びや誇りとともに様々な“痛み”を抱えながらフリーダが生きていた証であると同時に、彼女の記憶をも内包しているようだった。生きることそのものを描き続けた画家、フリーダ・カーロ。彼女の遺品を見つめ、撮影した石内都の写真には何が写ったのだろうか。

 本作では、石内都の3週間に渡る撮影過程に密着取材。写真家が遺品を見つめ、これまでのイメージから解き放つようなフリーダ・カーロ像を、写真として発見していく過程を丹念に映像に収めた。監督は『ドキュメンタリー映画 100万回生きたねこ』で、国内外で高く評価された小谷忠典。石内都の創作過程を追いながら、遺品の背後に広がる、メキシコの風土、引き継がれる伝統、現在を生きる女性たちの姿をも捉えた。フリーダ・カーロが生きていた証とそれらを写し取った写真が、時間と場所を越えて旅をする、“記録と記憶”を巡るドキュメンタリーがここに誕生する。

公式サイトより

スタッフ紹介

出演:石内都
監督:小谷忠典

プロデューサー:大澤一生
コ・プロデューサー:植山英美
アソシエイトプロデューサー:光成菜穂
撮影:小谷忠典
編集:秦岳志
録音:藤野和幸 磯部鉄平
整音:小川武
音楽:磯端伸一
撮影助手:伊藤華織
制作:眞鍋弥生
配給:ノンデライコ

2015/日本/ドキュメンタリー/89分

公式サイト

私たちが浴びた

その粉のなかには

木を枯らす

何かが入っていました

第26回 国際環境映画祭・審査員特別賞受賞
第17回 Earth Vision 地球環境映像祭・環境映像部門入賞
第63回 毎日映画コンクール・ドキュメンタリー映画賞受賞

東田シネマvol.35は、映画 『 花はどこへいった 』を上映します。

10/27(金) 10:30/13:00/15:30/18:00
10/28(土) 10:30/13:00/15:30/18:00
10/29(日) 10:30/13:00/15:30/18:00

*午前中10:30上映の際の、開場は、10:00です。

予約一般1000円/当日一般1200円
大学・高校生500円/シニア(60歳以上)1000円
障害者手帳をお持ちの方は、1000円です。
ご予約はこちら!会場お問合せ

 
そして、北方シネマへ!
この作品は、11/10(金)18:30より北方シネマで上映されます!

坂田雅子監督来場予定!
映画を撮影した背景やその後の変化、そして2作目以降の作品についてなどのお話を予定しています。
会場は、小倉南区北方の北九州市立大学北方キャンパス、本館A101です。北九州モノレール:競馬場前駅のそばです。

原因は枯葉剤なのか

私はベトナムへ向かった


 フォト・ジャーナリストだったグレッグ・デイビスが肝臓がんで亡くなったのは、彼が入院してわずか2週間後のことだった。妻である坂田雅子に喪失感とともに沸き起こったのは、「なぜこんなにも突然に亡くならなければならなかったのか」という疑問。米軍兵士としてベトナム戦争に送られた過去をもつ夫・グレッグの死について、友人から当時浴びた枯葉剤が原因ではないかと示唆された彼女は、夫への追憶と枯葉剤への疑問からベトナムへ行くことを決意する。

 10代でベトナム戦争に送られたグレッグは、帰国後、祖国を捨て、日本でフォト・ジャーナリストとして活動を開始する。戦争の加害者であると同時に被害者ともなり、深く傷ついた心と体を癒すようにベトナムを幾度も訪問していた。彼女は、グレッグが所属していた米軍基地があるロンタンを皮切りに、ベトナム各地を訪れる。

 彼女がベトナムで目にしたのは、ダイオキシンを含む枯葉剤が、ベトナムの人びとと大地を蝕み続けている現実だった。戦後30年を経て、なお世代を越えて、重い障害をもった子どもたちが生まれていたのだ。

 ベトナムの主要な産婦人科病院であるホーチミン市の“ツーズー病院”の一角に設けられた“平和村”では、100人以上の障害をもった子どもたちが生活し、アメリカ人の元兵士の提案によってハノイ郊外に建てられた “フレンドシップ・ヴィレッジ”では、枯葉剤の被害者である多くの子どもたちが共同生活を送っていた。

 一方、地方の村には、不自由な生活を強いられる、生まれながらの障害を負った子供たちとその家族たちがいた。彼らに、治療、リハビリといった医療を受ける余裕はなかった。たいへんな貧困と困難の中にありながら愛情と深い絆によって結ばれた被害者とその家族たち。

 これらの出会いの中から、彼女はこれからを生き続ける力を与えられ、グレッグが彼の仕事を通じて伝えようとしていた、反戦や平和への意思にあらためて気づかされるのだった。

製作・監督・撮影・編集:坂田雅子
共同製作:ビル・メガロス / 山上徹二郎
音楽:難波正司
撮影協力:フィリップ・ジョーンズ=グリフィス(MAGNUM PHOTOS)
編集協力:ジャン・ユンカーマン / リサーチャー エドワード・エンゲル
翻訳:ブー・ゴック・アン / ブー・クーン
ベトナム語監修:川口健一
日本語字幕:赤松立太(Passo Passo)
製作・配給・宣伝:シグロ

2007年/71分/ドキュメンタリー/カラー


facebook

Powered by Blogger.